オススメサーバー

年間4万円削減可能!サーバーとドメインは何処の会社を選べば良いの?

投稿日: カテゴリー: サーバー

会社系、企業系、個人事業主の大半が盲目的に『継続費用』を払い続けています。例えば月間4,500円のHP継続費用が発生しているのなら、年間『54,000円』のHP継続費が発生し、仮に十年間HPを使い続ければ『540.000円』もそのHP作成業者に支払っている事になります。

 

これに、HP作成費を加えたら一つの会社に100万円以上も支払っている事になるのですよね…

このとても高いHP作成費を抑えたいと思う事はないでしょうか?少なくとも私から見れば『無駄な出費』にしか見えません。

仮に『4500円』の継続費用を払い続けても、あなたの為にその会社が動いてくれる事は、ほとんど無くバグ等の時に動いてくれる程度…。

 

 

そもそもHP作成の『継続費用』って何?『サーバー代?ドメイン代?』何で支払うの?

HP制作会社には、2つの儲け方がございます。それは初期費用を高くして設けるHP作成と、継続費用で儲けを出すHP作成方法。初期費用を高く設定している会社は継続費用も少なく、月間2.000円程度の最低限の費用だったりしますが、継続費用で儲けている業者はこの継続費用が『4.000円~6.000円』です。

何方も共通して『継続費用』が発生していますが、大きく金額に差がございます。何度も言いますが…

継続費用を出したからと言っても、その会社がやってくれるのは、バグによる修正程度です。

 

この費用は『サーバー代とドメイン代』が主で、実はそんなに高くありません。

年間で『10.000円』あれば、十分な機能をもったサーバーもドメインも個人で所有可能で、後は制作会社の儲けになります。会社によってはサーバーを持っている会社もあるので、丸儲けなんて事も考えれます。

つまりは、継続費用なるものは安ければ、安いだけ良いのであって保険の様に『高ければ安心の保証』が付くわけでも無ければ、あなたの為に継続的に動いてくれるわけでも無いって事です。

 

 

制作会社が紹介するサーバーやドメイン会社が、必ずしも機能の良い会社じゃない事実

少し話が脱線しますが、職業上様々なサーバー会社とお付き合いがありますが、サーバーなんてどこでも同じでしょ?って方も中にはいますが、とんでもありません!例えばワードプレスを例にあげましょう。

現在のワードプレスは2017年現在4.8-jaになりますが、相談を受けるサーバーが3.8までしか対応できない。またはそもそもワードプレスが動かないなどもあります。

3.8?何が違うの?と思われるかもしれませんが、5年以上も前のワードプレスになりますので、大半の新しいテンプレートは動きません。また、プラグインも大半動きません(汗)そもそも3.8ってレスポンシブ(スマホ)に対応してるっけか?なんて状況のしろものなんですよ。

 

ごく簡単に言うと、ワードプレスがまともに動かないのでHTMLでしか作れません(HTMLでも作れますが、自分で更新したい!ブログを会社のHPに使いたい等は難しくなる場合があります)何て話をしなきゃなりません。

 

サーバー会社からすれば、ワードプレスは流行りだから動くと書いてるけど、中身を見たらこの様な状態のまま運営されている会社もございまして、さらに立派に料金は高いのですからサーバー会社はなんでもいいでしょ?と言うのが間違った認識である事は、わかるかと思います。

 

 

サーバーやドメインはもうエックスサーバーが断然オススメです!

ナイスエックスサーバー

何処のサーバーがオススメですか?と聞かれる事も多いのですが、断然オススメはエックスサーバー(WPXサーバーも)です。とにかく使いやすく、高機能で早い。国内サーバーでこれ以上の会社があるなら逆に教えて頂きたいくらいです。

WPXの方は、より初心者向けで、エックスサーバーは玄人も安心満足するサーバーですね。

 

料金(エックスサーバー)

初年度 15.000円
継続費(年) 12.000円
ドメイン代 1.600円

例えば、私のHP作成は継続費用無しなので今継続費用に4500円支払っているのでしたら、年間で初年度で37.400円の経費削減が可能です。大手会社なら大した出費ではないかもしれませんが、個人事業主や個人に近い業者様ならば、その額の違いに驚かれる方も大勢いらっしゃいます。

さらに、今まで使っていたサーバーよりも機能がよくなるわけですから、知れば愕然とするのも当然ですよね(^^;)

エックスサーバーはコチラ

 

 

エックスサーバー以外のオススメなら『さくらインターネット』

さくらインターネットサーバーですかね、料金的にも安く、月間515円で最新のワードプレスが持てますし、ワードプレスのインストールにひと手間いりますが、それを差し引いてもご愛敬程度です。何よりも初心者に優しい作りなので、サーバーは初めて…なんて方にも良いかと思います。

 

上記2つの会社はともにPHP7(新しいプログラム言語)を搭載していますので、どのテンプレートも使えますし、今後のワードプレスのアップデートも安心して乗り越える事が出来ます。今後もワードプレス自体は常に更新されて、より最新モデルになっていくとかんがえられるので、未来的な安心感もございます。

 

さくらインターネットはコチラ

 

あなたは無駄な『継続費』を支払っていませんか?